健康力とは、体力と気力と知力の統合体!心の持ち方が重要な理由とは?

病気を科学的に究明した最初の人は、ギリシャの医学者ピポクラテス(B.C460~377)だと言われています。

彼は、宇宙の4つの要素(地、空気、火、水)から、人間も4つの要素(血液、粘液、黄胆汁、黒胆汁)からできており、 これらの諸要素が互いにバランスを保っている時に、人間の体は健康であり、バランスを崩した時に病気になると言っています。

この考え方の源には、人間を全体的(Holistic)にとらえ、理解するという姿勢が見られます。

今回は、人間の健康とは何であるか、その本質的なことについて、考えてみたいと思います。

■健康は心の持ちよう!

f:id:has1029th:20220402234345j:plain

2000 年以上も前、哲学者ソクラテスプラトンも、人間の部分的な治療ではなく、全人の治療をすることで、健康が完全に近づくと言っています。

その意味するところは、心と体、また知性は相互に深い関りがあるということ、つまり人間の健康とは、一つの統合体として考えるべきだということでしょう。

そこで、健康力とは、体力と気力と知力の統合体であり、体力と気力の関係は昔から、「健康は心の持ちよう!」と、言われてきました。

つまり、健康を維持するための活動、例えばウォーキングなどの運動や体を動かす習慣、さらに健康に良い食習慣を続けることなどは、 一人ひとりの心の持ち方、心構えによって決まってきます。

・心の持ち方、心構え次第で、健康にも不健康にもなる

それでは、体力、気力と知力の関係はどうなるので しょうか。

心の持ち方、心構えというのは、その人の考え方が繰り返されることによって生まれた習慣、すなわち、考え方のクセが無意識の内に言動に現われるものです。

物事に取り組むのに積極的であったり、消極的であったりするのは、その人の考え方が習慣になって、自分では気がつかない内に外に現われているからです。

生活習慣病も、こうして生まれるものなのです。

そして、それが私たちのやる氣氣力をも左右します。

その心の持ち方である考え方のクセを改めるには、まず自分では気づいていない考え方そのものを見直してみる必要があります。

ただ、これが、なかなかやっかいな作業なのです。

なぜかというと、他人の考え方は分かりやすいのですが、自分自身の中の考え方を認識することは意外に難しいからです。

・知力が体力や気力を助ける

その時に助けになるのが知力です。知力の大切な役割の一つは、理性的な力を発揮することで、それは理解力とか物事を論理的に考える思考能力を意味します。

また、好奇心や探究心、知識欲によって集められた情報や素材を整理、統一、総合し、認識する精神的な働きから生まれる知的エネルギーとも言えます。

こうした力によって、私たちの考え方や思考力が理性的に正され、物事に対する判断能力が回復されるのです。

そこから生まれる「知恵」で、私たちの言動(Behavior)が積極的になって行きます。

そうすると、一人ひとりの持っている体力や氣力のエネルギーがプラスの方に流れ出し、免疫力自己治癒力が高まるのです。

その結果、消極的な感情をコントロールしすくやすくなり、行動も積極的になるわけです。

瘀血(おけつ)や瘀考(おこう)が、病気を招く

f:id:has1029th:20220402235221j:plain

 「細胞がガン化」しやすい状態は、血液の流れが 悪くなってドロドロの状態になり、汚れることによって、免疫力が低下して、起こると言われています。

これを、東洋医学的には、「瘀血(おけつ)」と言うそうです。

その原因は、過食であったり、ストレスや運動不足だったりして、血が汚れるためだと言われています。

同じように、考え方や思考力が先入観や既成概念にとらわれると、血が流れにくくなるように考え方が滞ってしまい、「瘀考(おこう)」状態になっていきます。

こうなると、物の考え方は悲観的になり、いつもイライラ、不安、恐れ、怒り、自己 憐憫(れんびん)などといった消極的な感情に支配されるようになってしまいます。

思考力はさらに低下し、生きる知恵 も「自己治癒力」も働かなくなってしまうのです。

私たちの心の持ち方が、こうしたマイナスの方向に行かないように正すのが、知力の働きと言えます。

遺伝子工学の第一人者で、高血圧の黒幕である酵素レニン」の遺伝子と、米の遺伝子(イネ cDNA)解読に世界で初めて成功した科学者の村上和雄博士は、「DNA のスイッチを ON にするには、心のありようが肝心である」と言っています。

そのスイッチを ON にする判断機能を司る理性は、その人の知力によって決まることが多いとも言えます。

・体力・気力・知力の総合力が「生きる力」を蘇らせる!

こうして、体力と気力と知力の持っている総合力が心の持ち方、心構えを積極的にして、「生きる力」を蘇らせるのです。

そして、「生きる」遺伝子をさらに目覚めさせて、奇跡をも起こしたりします。

また、体力・気力・知力の統合体としての健康力は、150 億年前に宇宙、そして46 億年前に地球が誕生してから、万物の生命(いのち)の根元から湧き上がる生命力、その宇宙エネルギーに近づく扉のカギを開ける勇気を、私たちに与えてくれるのです。

ここで大切なことは、人類にとって根元的な生命力が現われた状態、すなわち生命現象の結果を、人々は健康であるとか不健康だと言っていることを理解することです。

生命の起原は38 億年ほど前と言われていますが、その生命の持っている潜在的な力が生かされている状態を「健康」と言い、生かされていない状態を「不健康」と言うのです。

■健康そのものが目的になった時、その社会は衰退するって、本当?

f:id:has1029th:20220402234435j:plain

さて、今はどこに行っても健康ばやりです。スーパーに行っても、食品売り場は健康食品で溢れています。

健康のために、ビジネスマンはゴルフやテニスをやり、女性はスポーツクラブやエステに通います。

けれども、考えてみて下さい。そもそも人間が生き生きとしていた縄文時代には、“健康”という概念があったでしょうか。

「健康」のために、何かをするという行為や活動があったでしょうか。

ある哲学者は、「健康そのものが目的になった時、その社会は衰退する」と語っています。

なぜかというと、健康そのものが目的になる社会では、人々は自分のことしか考えなくなるからだと言うのです。

今、まさに日本はそうした時代を迎えようとしているのでは、ないでしょうか?

巷では、“癒し”をキャッチフレーズに、様々な商品やサービスが売られています。

その哲学者の言葉を借りれば、「“癒 し”そのものが社会の目的になった時は、その社会は衰退する」と言えるかも知れません。

・自分の事しか考えなくなると、潜在力を発揮できなくなる。

なぜなら、“癒し”その ものが目的となる社会では、人は自分のことしか考えなくなり、「我が身可愛さ」から、言動が受身になってしまいがちになりかねないからです。

“癒し”という概念の呪縛にとらわれて、人間が本来持っている潜在力を積極的に 活かす体力、気力と知力を失い、げん気をなくしてしまうことになりかねません。

これが、現代社会の重要な問題点の一つではないでしょうか。

すなわち、「健康になる」という手段が目的になってしまうのです。

こうして、現代人は、人間が本来持っていた「生命力」や「自己治癒力」を信頼できなくなってきているとも言えます。

それでは、健康力を活かすにはどのように考え、行動したら良いでしょうか。

健康になる」のは、それらの目的や目標を達成するための手段なのです。

この手段と本来の目的を混同しないで、人生の目標に向かって前進してこそ、健康力はその持てる潜在力を発揮するのです。

 

 

 

 

健康力~幸せになる遺伝子(gene・創因子)のスイッチを「ON」にする秘訣とは?

私たちは、他人の欠点や短所、問題点などは容易に目につきますが、自分自身のことや心の持ち方、さらに健康のこととなると、意外に分かりにくいものです。

今回は、自分自身の体の健康と心の持ち方の関係について、考えてみましょう。

■積極的な心構えがガンをも克服する

f:id:has1029th:20220321123647j:plain

科学の進歩は、月まで人間を送り、火星までロケットを打ち上げ、原子力を開発しましたが、人間の体の中にあるガン細胞の発生と、その原因を突きとめること、そして、まだ完全な治療方法を開発するまでには至っていないと言わざるを得ません。

この人類の強敵とも言えるガン治療に取り組んだ数多くの医学者の一人、米国のテキサス州でガンカウンセリング研究センターを開設し、ガン患者の治療に当たっていた腫瘍学の専門医カール・サイモントン博士は、オレゴン医科大学附属病院の放射線科に勤務していた時、意外な事実を発見しました。

自分が治療に当たっていた重症のガン患者のある一部に、期待以上の治療効果が現われたというのです。

その原因を突き詰めてみると、何と、効果の現われた全ての患者に共通した特徴が浮かび上がってきました。

それは、これらの患者は、自分の病気や人生に対して積極的な態度、すなわち前向きで楽観的な心構えを持っていたのです。

その後、カリフォルニア州のトラビス空軍基地附属病院に転勤したサイモントン博士は、この事実を医学的に裏付けようと、同病院の152 名ものガン患者に対して、患者の性格・生き方の心構えと治療効果の相関関係を調べてみました。

1 年 6 ヵ月の治療期間の後、できるだけ医学的、客観的な判断を下すため、5人の治療担当者に判定してもらった結果は、全くサイモントン博士の推論通りだったのです。

また、サイモントン博士は、「残念ながら、あなたは乳がんが他の臓器に転移してしまいました」と告知された患者 100 人を追跡調査したところ、約半数の 50 名は失望して、気力も失せ、通常の社会生活を営むことさえ諦めてしまいました。

し かし、残りの半数の人は、「よし、それなら」と、高ビタミン療法、人参ジュース療法、精神療法、運動療法などの「代替療法」(自然医学、漢方など西洋医学に代わる療法)を実践し、ありとあらゆる可能性を求めて、積極的に病気に立ち向かったそうです。

その結果、5 年後には、前者の90%が他界し、逆に後者の90%は生存していました。 この研究は、どの療法に効果があったからということではなく、心の持ち方に焦点を当てていたのです。

すなわち、治療に対して積極的な心構えを持っている患者は、治療に対して良い反応を示し、逆に消極的な心構えを持っている患者は、良い反応を示さなかったのです。

■心の中の潜在意識を目覚めさせよう!

f:id:has1029th:20220321123619j:plain

さて、このエピソードは、一体どんなことを意味しているのでしょうか。

人間は、その心の奥深くに眠っている遺伝子(gene・創因子)スイッチが ON になると、その人の心に隠されて いる潜在意識が躍動し始めるのです。

そして、人々は、より良く生きるために、積極的に持てる能力を発揮するようになります。

自分で、心の中にある潜在意識に、自分の願望や考え、人生の目的や目標、志を繰り返し訴え続けて行くと、その効果が行動として現われるのです。

この「自己暗示」は、マイナスに働かせると、自分の能力を規制してしまい、積極的な心構えでプラスに使えば、無限の可能性が引き出せるのです。

つまり、サイモントン博士の調査結果の例でも分かるように、積極的に“治る”、“治ってみせる”という自己暗示を潜在意識に働きかけていると、不思議とその自然治癒力が湧き起こってきて、放射線治療に相乗効果をもたらしたのです。

逆に、“治りっこない”という暗示を持ち続けていると、快方に向かってもよさそうな治療を施しても、一向に改善せず、かえって悪化の傾向をたどることがあるのです。

当時は、医学の専門家などから、クレームが来るのではないかと思われていましたが、その後、身体の神経系と免疫系の相互関係のメカニズムや生体フィードバッグの研究、精神腫瘍学 (Psycho-oncology)、遺伝子のスイッチON/OFF に関する実験や研究が進むにつれて、心の在り方や気力、人生観が健康や病気に大きな影響を与えていることがより分かって来ました。

現在では、「サイモントン療法」と言って、ガン患者とその家族(または支援者) のための心理療法として広く理解されています。

近年では、ガンのみならず、ストレスに起因する様々な病気に対して、サイモントン療法のプログラムが提供されています。

この心の働きと体の関係は、まだ多くの謎に包まれているとはいえ、その謎を解く試みは、実は人間の歴史が始まってから今日まで、ずっと繰り返されてきたとも言えるのです。

 

「病は気から」~メンタルヘルスが重要になる訳とは!?

f:id:has1029th:20220317122001j:plain

病は気から」という言葉を、昔から聞いたことがあると思います。

病気は、気持ち次第で良くもなれば、悪くもなるものです。

例えば、名医と言われる医者たちが患者を治療する時に、不思議な「薬」を使うことがあります。

それは、「プラシーボ(プラセボ」と呼ばれている「ニセ薬」です。これは、薬ではなく、実は小麦粉など人体に害のないただの粉なのです。

元来、プラシーボは、新薬の有効性を確かめる臨床試験の時に用いられます。

被験者(患者)を二つのグループに分け、一方には本物の新薬を与え、もう片方にはプラシーボを与えて、両者の症状の改善具合を比較します。

その結果、本物の薬投与のグループに著しい効果が表われたのに対し、プラシーボ投与のグループにはほとんど効果が見られなかった、とします。

この場合、両者の効果の差が大きいほど、その新薬の有効性は「高い」と評価されるのです。

もし、両者とも効果は高く、差があまりない、といった場合は、患者の症状が改善したのは、たまたま新薬以外の偶然の要素が加わって、患者の症状が改善したかも知れないので、必ずしも新薬の効果とは断言できません。

従って、新薬の有効性は不確かなものと評価され、治療薬としては承認されないのです。

■信ずれば、ニセ薬も本物の薬と同じ効き目を発揮することも。

f:id:has1029th:20220317121811j:plain

ところが、医者が自信を持ってこの「ニセ薬」を患者に与えると、びっくりするほど良く効く場合があります。時には、強い薬のように副作用を引き起こすことさえあるそうです。

このケースは、心療内科で時々応用されることでもありますが、肉体的には本当にどこも悪くないのに、不調を訴える患者から、「せめて薬の処方だけでも」と強く懇願されることがあります。

「どこも悪くないから、注射や薬は必要ありませんよ」と諭しても、「それは、何をしても治る見込みがないということですか?」と、かえって患者の不安は増すばかり・・・

このような時に、医者は、ただの粉を「よく効く薬」と偽って、患者に服用させます。

すると、どうでしょう。患者は、立ち所に元気になる・・・といったケースは、決して珍しくはありません。

まさに、「病は気から」という如く、体の不調を感じたのは、単に精神的なものだった、というわけです。

ただの粉が薬の働きをするということは、実は医者が患者の考えを変えたからです。

このことは、病気は肉体に原因があって起こるだけではなく、心の状態によって起こることもあるという、何よりの証拠と言えましょう。

■人は、自分が考えたとおりの人間になる

4000年以上も前に、パピルスの巻物にこう書かれています。「人は自分が考えたとおりの人間になる」。

これは、40世紀を経た今も、少しも変わらない真理です。

ウィリアム・ジェームズというアメリカの有名な哲学者・心理学者は、「私たちの世代の最大の発見は、人間は心の持ち方を見直すことによって、人生も変えられるということがわかったことです。」と言っています。

この言葉は、「自分の考えこそが、自分の人生と運命を形づくるのだ」ということを意味しています。

人間の成功も失敗も、人生の全ては、私たち自身の考え方が生み出したのである」とも言われています。

心が創り出す精神力とエネルギーには、誠に驚くべきものがあります。

例えば、ある農家の主(あるじ)がトラクターの下敷きになってしまったのを見てびっくりした妻は、このトラクターを両手で持ち上げて、どかしてしまいました。

後で、このトラクターを動かすのに、3人の男手がかかったそうです。

また、12歳の少年が、父親の足の上に倒れ落ちた大木を1人で持ち上げて、どかしました。

この大木は、実は大人が4人もかかってやっと片付けられるほどのものだったのです。

これらは、信じられないかも知れませんが、いずれも実際に起きた出来事なのです。極端な例だと思われるかも知れません。

しかし、ある特別な状況の中で、常識では考えられないような力が突然発揮されたという話を、私たちも耳にしたり体験したことがありませんか。いわゆる「火事場の馬鹿力」と言われるものです。

前述の例のような場合、その妻や少年に何が起こったのでしょうか?

体が急に突然大きくなったり、筋肉が急に強くなったわけでは、もちろんありません。心に変化が起こったのです。

心は、どうしてもやらなければならない目標を不意に与えられると、それが自分にできるだろうかと疑ったり、能力があるだろうかと心配する間もなく、すぐ行動に移ります。

そして、信じられないような驚くべき力を発揮するのです。

このように、私たちの心の中には、素晴らしい能力と大きなエネルギー、それに豊かな創造力が宿されています。

しかも、この力は、私たち誰もが持っていて、誰でも活かすことができるもの、いわゆる「潜在能力」と言われるものなのです。

■私たちは、誰でも「新しい心構え」を発見できる!

しかし、このことに気づいている人は、意外にそれほど多くはいないようです。

もし、この気づいていない心の力のほんの一部でも活用すれば、私たちは今以上に充実した人生を送ることができるでしょう。

こうした心の不思議な力の存在を理解しようとしない人たちは、絶えず欲求不満に陥ったり、不平不満の人生を過ごすことになりかねません。 

逆に、この力を活かそうと努力する人たちは、やる氣や健康、心の安らぎ、豊かさに恵まれるでしょう。

では、どうすれば、この心の力を充分に発揮することができるでしょうか?

それは、今までの物の見方・考え方を見直し、新しい心構えを発見すればよいのです。

そして、自分自身を見つめ直してみるのです。

私たちの今までの人生は、自分の今までの考え方やその習慣、つまり心構えによって作られてきたのです。

これからの人生は、これからの新しい心構えの発見によって作られるのです。

人は、自分が考えたとおりの人間になる、すなわち自分が自分自身を創るのです。

人間の心は、庭のように、良く耕せば花や木が育ち、手入れを怠れば雑草がはびこってしまいます。

自分の心をよく見つめ、その心構えが消極的なものか、積極的なものかを見極めることが大切です。

そして、庭師が雑草を取り除くように、自分の心の庭から消極的な考えを取り除いて、積極的な考えを選び取って、どんどん育てていきましょう。

そうすれば、私たちの人生を実り豊かで、充実したものにすることができるはずです。

冷え症に効く、お灸の注意点とは?

お灸が、どのようなものなのか、大体理解出来たら、具体的にどんな点に注意してお灸を行ったら良いのか、お灸をする「ツボ」はどこにあるのか、などについて、今回はお伝えします。

・お灸をするのは、いつが良いのか?

お灸は血行を良くすることがひとつの目的なので、すでに血行が良くなっているお風呂上がりにやっても、あまり意味がありません。

また、食事の前後、飲酒後、妊娠の可能性がある時、熱がある時、疲れや寝不足がひどい時は、避けた方が良いでしょう。

できれば、寝る前、もしくはリラックスできる時間に、ゆったりとした気持ちで行うのが効果的です。

・どのくらいやれば、良いのか?

最初は、一ヵ所のツボに1~2個くらいから始めましょう。

いきなり多くお灸をすると、「灸あたり」といって、のぼせたような感じになることもありますから、要注意です。

体がお灸に慣れてきたら、少しずつ増やして、3~4個くらいにしましょう。その場合、同じツボでも少し場所をずらすと、低温やけどになりにくいです。

最初のうちは、熱さの加減もよく分からないかも知れませんが、熱すぎる!と感じたら、いったん止めましょう。

お灸は熱ければ効果が高い、というものではありません。

熱さを我慢していると、体が緊張してストレスが溜ってしまい、かえって良くありません。

また、軽いやけどをしてしまうこともあります。熱かったところを掻いたり、こすったりしないように気をつけましょう。

専門家が治療行為としてお灸をする場合と違って、自分では体調の判断もできないことがあります。

急に血行が良くなると、だるい、熱っぽい、頭痛などを感じることもあるかも知れません。

これは、先述のとおり「灸あたり」といって、温泉に入り過ぎた時のような「湯あたり」と同じ症状です。

そんな時は、一旦休んで、体が元気になってから再開しましょう。

■お灸のツボの場所は?

f:id:has1029th:20220308092741j:plain

体には無数のツボがあり、正式にはこれを「経穴(けいけつ)」と呼びます。

経絡(けいらく)とセットで考えます。経絡とは、体中を巡っている無数のエネルギーの通り道で、「気(生命活動の元)」、「血(血液。全身に酸素と栄養を送る)」、「水(リンパ液など血液以外の体液)」を全身に巡らせていきます。

その通り道の主要なポイントが経穴です。経穴には、気が集まりやすいので、ここを温めることによって気の流れを整えて、内臓を刺激する、痛みを和らげる、疲労回復などの健康効果が得られます。

ツボは、いわば「エネルギーの通り道」ですので、ツボを刺激すれば、血液などの体液の循環が良くなることが知られています。

ツボの場所は、人によって様々ですが、大体の場所を押してみて、「気持ちいいところ」や「ちょっと痛いところ」を探してみましょう。

■冷え症に効く、お灸のツボの場所とは?

体にある様々なツボは、ツボによって「どのような症状に効果的なのか」が異なります。

冷えに効くツボはいくつもあります。実際の鍼灸治療では、その人に合ったツボを複数選んで使用します。

多くの人が悩んでいる血行不良を改善するツボ、水分代謝から冷えを改善するツボ、栄養の吸収を良くして代謝を上げて体を温めるツボなど、様々です。

そこで、「冷え症」改善に効果的なお灸のツボを、いくつか紹介します。

・「太衝(たいしょう)」

太衝は、足の甲の親指と人差し指の骨が接合するところにあるツボです。

押さえると、ズンと響く場所です。このツボは、血流から冷えを改善します。

また、肝臓、筋肉、眼といった私達が日頃酷使している体の部分と深い関係のある「肝経(かんけい)」という気の流れに属しているため、肉体疲労、精神的ストレス、眼精疲労、肝臓の疲れを取る効果もあります。

・「三陰交(さんいんこう)」

足の内くるぶしから指4本分上で、骨の際にあるツボです。

冷え症の人は、押さえるとかなり痛いはずです。

三陰交は、3つの機能(消化吸収・水分代謝・生理機能)に関わる三つの経絡が交わるポイントです。

そのため、三陰交にお灸をすると、3つの機能を同時に高めることができます。

下半身の冷え、むくみが気になるときだけでなく、生理痛・生理不順・更年期障害・ホルモンバランスの調整などにも効果が期待できると言われており、女性にとっては大切なツボです。

・「足三里(あしさんり)」

足三里は、ひざ下の外側を指でたどって行って、くぼんだところにあるツボです。

分かりにくい場合は、親指と人差し指で膝のお皿を包むように触った時、中指の先端が当たるところが足三里のツボだと考えると良いでしょう。

このツボは、冷えに効くだけでなく、肩凝りや胃の疲れにも効きます。

足三里にお灸をすると、胃の調子を整えて、食べた物からエネルギーを吸収できるようになります。

 ・「血海(けっかい)」

血海は、膝のお皿から指3本分上の内腿にあるツボです。

このツボも、押すと鈍い痛みがあります。

血海は、滞った血液を流す作用が強いので、冷えに効くだけではなく、生理痛や月経不順、さらには子宮内膜症子宮筋腫などにも効果があると言われるツボです。

・「太渓(たいけい)」

太渓は、内くるぶしとアキレス腱の間のくぼみにあるツボです。

腎臓に働きかけるツボなので、血の巡りが良くなり、体を温める効果が期待できます。

特に、冬の間に蓄積された冷えに効果があると考えられています。

また、アンチエイジングにも良いと言われています。

・「湧泉(ゆうせん)」

湧泉は、足裏の土踏まずのやや上の中央部、人差し指と中指の骨の間で少しくぼんだところにあるツボです。

下半身の冷えやむくみの改善に効果があるほか、筋肉疲労の回復、気力の充実や体温の上昇などを図るのによく効きます。

足が冷えたり、むくんだり、疲れてしまった時は、湧泉を温めて元気を出しましょう。

・「気海(きかい)」

気海は、おへそより指2本分下にあるツボです。

元気の源」ともいえるツボで、全身の血行を促し、体を温める効果があります。

季節を問わず、気海を温めることでコンディションが安定し、元気に過ごすことができます。

・「築賓(ちくひん)」

築賓は、ふくらはぎの内側の脛骨(すね)の中間あたりにあるツボです。

このツボは、腰から来る神経の緊張をほぐすので、下半身全体の血流が改善すると考えられています。

足の血流を改善させることで、全身の血流も改善するため、手の冷えにも効果があります。

・「八風(はっぷう)」

八風は、左右の足の指の間の股の部分のツボです。

足先の血流を増加し、冷えを改善する効果があります。

足が冷えて眠れない時にも、八風を刺激すれば、足が温まりぐっすりと眠れます。

・中脘(ちゅうかん)

中脘は、みぞおちとおへそを結んだ線の中央、おへそから指5本分くらいのところにあるツボです。

胃腸の働きを整えるとともに、気・血の巡りを促すので、冷えに効果があります。

・関元(かんげん)

関元は、おへそから指4本分下がったところにあるツボです。

便秘の解消や疲労、冷え症などに対応し、お腹を温めてくれます。

別名「丹田」とも呼ばれて、昔から元気の源とされています。

免疫力を高めて、虚弱体質を改善し、病を寄せ付けにくい身体にする効果があると言われています。

スポーツでも、ここを意識することで体が安定するので、とても重要視されています。

■冷え症を治してくれる鍼灸院を探そう

いかがでしたか。

お灸は、冷え症改善の抜本的対策の有効な手段として、いかに身近ながら奥深いか、改めて見直された方も少なくはないと思います。

お灸で、「冷え症」を改善する体のツボなどは分ったけれど、やっぱり自分でやるのは面倒だとか、本来、お灸は医療行為だから、初めて自分でお灸をするのは不安だ、といった場合は、専門の鍼灸院を利用するのが安心です。

その際、できるだけ信頼できる鍼灸院を選ぶために、良い鍼灸院の選び方のポイントをお教えしましょう。

最近は、ホームページを開設している鍼灸院も多いので、簡単に調べられると思います。

・施術者は資格を持っているか?

鍼灸師は、医者ではありませんが、国家資格を必要とする仕事です。

鍼灸の施術には、「はり師」「きゆう師」の資格を取らなければなりません。

専門の養成学校で学んだ後に、国家試験に合格する必要があります。まず、資格の有無が絶対条件です。

そのうえで、どのような施設で施術をするのか、どのような流れでカウンセリングや施術を行うのか、その治療方針やポリシーなどもしっかりチェックして、事前に患者の疑問が解消できるようになっていれば、大丈夫でしょう。

・「冷え症」が得意分野か

東洋医学は、ピンポイントでその症状にアプローチするというよりは、体全体を見ていくのが特徴です。

また、資格保有者であれば、ひと通りのことを学んでいるので、どのような症状でも大抵は対応できるはずですが、やはり誰にでも「得意分野」があります。

自分が改善したい症状、例えば「冷え症」を得意としているかというのも大事なポイントです。自分の症状がその鍼灸院で対応できるものなのか、事前に聞いてみても良いでしょう。

 

 

 

冷え症に効く、お灸のツボと効果とは?

お灸というと、お年寄りが腰痛や神経痛の改善などのために行うというイメージが強いかも知れませんが、実は、若い女性にも嬉しい効果がたくさんあります。

体を芯から温めて、血行を良くする働きのある「お灸」は、冷え症を始め、体の様々な不調を改善するのに極めて効果的です。

また、今では、鍼灸などに行かなくても、自宅で簡単にお灸をすることもできます。

そこで、今回は、冷え症に効くお灸の正しいやり方場所ツボ)などについて、お伝えします。

東洋医学で発展してきた「お灸」とは?

f:id:has1029th:20220301111133j:plain

お灸は、中国が発祥で、紀元前から東洋医学の一つとして発展してきました。単なる健康法ではなく、立派な医療の一つなのです。

お灸が日本に入ってきたのは飛鳥時代、仏教伝来の頃と伝えられています。

江戸時代には、東洋医学全盛となり、お灸も日本から世界に広まっていきました。

明治時代になって、西洋医学が主流になるまで、お灸は日本の「医療」として、日本人の健康を支えてきたのです。

海外では、お灸は「Moxa(もぐさ)」として知られています。

もぐさとは、「燃え草」という意味があり、点火しやすく火が消えにくいという特徴があるので、お灸には最適な原料です。

お灸で使うもぐさの原料はよもぎです。日本では、お茶にしたり、お餅に入れたりと、なじみのある植物です。

よもぎは、ヨーロッパでは「ハーブの女王」と呼ばれるほど、効果の高い薬草です。

また、シネオールという成分の精油が含まれています。ユーカリローズマリーなどにも含まれている成分で、燃やすことで、アロマ効果が表れ、リラックス効果が期待できます。

■お灸の冷え症改善効果とは?

・血流改善で、「冷え症」体質を改善する

冷え症の改善には、血流が悪くなった原因を改善させることが必要です。

お灸には、体の表面だけではなく、体の中を温め、体質まで改善する働きがあります。

お灸は、もぐさによる温熱刺激によって、血液中の赤血球を増やす造血作用があるほか、血液やリンパの流れを改善することで、血行が良くなり、冷え症の改善につながるのです。

お灸を使った治療法(東洋医学)では、「気」「血」「水」のバランスの崩れが血流を悪くして、冷え症を招くとしています。

体のツボにお灸をすることで、「気・血・水」のバランスが取れて、血流が改善して、体の中からじんわりと温かくなります。

体のツボを温めることにより、白血球が増加し、免疫力を高める働きがあります。

リンパ節や細胞の働きも活性化されて、自然治癒力が高まり、風邪も引きにくくなるのです。

・「気」の流れを整えて、様々な不調を改善する

血行とともに「気」の流れを整えることにより、自然治癒力を高め、様々な体の不調を整える効果があります。

「気」は目には見えませんが、流れが滞ると病気になりやすくなると考えられています。

体のツボにお灸をすることで、「」の通り道である経絡の流れが良くなり、自律神経のバランスを整えることで、様々な健康効果が得られます。

■冷え症に効くお灸の種類とは?

・お灸にも、いろいろなやり方がある

もぐさに火を点けるのが、いわゆるお灸のイメージだと思いますが、お灸のやり方には、もぐさの大きさや置き方によって、いくつか種類があります。それらを紹介しましょう。

・点灸(てんきゅう)

米粒半分くらいの大きさのもぐさを直接肌の上に乗せて、火を点けます。

燃え尽きるまで乗せているので、ちょっと熱いかも知れません。

・知熱灸(ちねつきゅう)

もぐさを小指の先ほどの大きさにして肌の上に乗せ、火を点けますが、熱さを感じたらすぐに取りましょう。

・あぶり灸

火をつけたもぐさをピンセットなどでつまみ、ツボを温めます。

直接乗せないので、じっくりと温めることができる方法です。

・竹の輪灸

竹の輪っかの中にもぐさを詰めて燃やし、その温めた竹を体に当ててコロコロと転がします。

広い面積を温めたい時に向いています。マッサージをしているかのような温かさです。

・棒灸

太いタバコのように、もぐさを和紙で棒状にくるんだものの先端に火を点けて、ツボに近づけて温めます。じっくり温めたいときにおすすめです。

・台座灸

市販のお灸がほとんどこのタイプです。台座の上にもぐさが乗っていて、シールでツボに貼り付けて使います。

熱さもソフトなので、お灸初心者におすすめです。

・隔物灸(かくぶつきゅう)

スライスした生姜などの上にもぐさを置いて、火を点ける方法です。

直接もぐさが肌に当たらないので、じんわりと温まります。

■自分でもできるお灸のやり方とは?

f:id:has1029th:20220302104621j:plain

お灸は、古くから民間療法として普及しているので、鍼灸などに行かなくても自宅でできます。

最近は、非常に便利になってきていて、ドラッグストアやインターネットで「お灸」のセット(「せんねん灸」など)が購入できます。

慣れてくれば、自分自身で手軽にお灸ができるでしょう。

・お灸の手順(「せんねん灸」を例にした場合)

①お灸を用意する

紙に巻いたもぐさに台座がついた「台座灸」なら、もぐさに火を点けて乗せる「直接灸」より熱くならず、やけどする心配もないので、初心者でも安心です。

②お灸のシールを剥がして、ライターで火を点ける

③ツボに貼る

至って簡単でしょう。中には火を使わないタイプもあり、それなら煙も気になりません。初めて使う時は、そういったものでも良いでしょう。

 

 

 

 

長寿者に学ぶ健康長寿とは?

■世界一の長寿国になった日本

厚生労働省の発表によると、2020年の日本人の平均寿命は男性81.64歳、女性87.74歳で、共に過去最高を更新しました。

男女合わせた平均寿命は84.3歳となり、世界一の長寿国です。

さらに、100 歳以上の長寿者を百寿者と言いますが、1963 年にはわずか 153 人に過ぎなかったのが、1981 年には1,000 人を超え、1998 年には1 万人を超えました。

その後も毎年増加を続け、2021年9月には実に8万6,510人に上っています。

ちなみに、その内訳は圧倒的に女性が多く、全体の88.4%を占めています。

厚労省は、「医療技術の進歩や健康志向の高まりに伴って、今後も平均寿命は延びる余地がある」とコメントしています。

長寿社会の到来に向けて、今回は、長寿者の方々がどのようなライフスタイルを送っているのかを調査した結果を基に、健康長寿についての秘訣を紹介します。

f:id:has1029th:20220221104542j:plain

■長寿者の健康の秘訣とは?

長寿者の人の心と身体についていろいろ観察した結果、個々の病気の発現は、必ずしも一般的注意を怠ったことによるものとは限らない、ということが言えそうです。

また、 病気の原因と痛みの原因とは、同じであることも分かってきました。

病気と痛みは、いずれも「不安」のような悪い心の状態によって発現すると言ってもよいでしょう。

言い換えれば、「不安」を解消することにより、病気や痛みの予防や治療ができるということになります。

さらに長年、百寿者について、その長寿を達成できた健康法などについて調べた結果、健康長寿の秘訣として、次の 3つが最も重要であることが分かってきました。

1.生きがいを持つ

2.くよくよしない

3.腹八分

この3つのことは、よく耳にすることですが、 一般的な健康法としては、あまり強調されていることではありません。

かつて、大隈重信 (1838~1922)は、「人間は本来、125 歳まで の寿命を有している。適当 なる摂生をもってすれば、 この天寿をまっとうできる」と語り、83歳で天寿を全うしましたが、長らく現役の政界人として活躍し、最後の総理退任時の年齢は満78歳6ヵ月で、これは歴代総理大臣中最高齢の記録でした。

一般的健康法は、主として肉体的健康のためのものです。

一方、長寿者の人達の健康法は、主として精神的に健全な状態を目指したものであると言えます。

長寿者の人は、比較的若い時期に、精神的健康を維持する重要性を痛感し、実践を重ねて体得して、高齢になってからも、常に精神的健康の維持ができるようになった人達なのです。

すなわち、長寿者の方は、ストレス解消の達人が多いと言って良いでしょう。

逆に、ほとんどの人は、精神的健康の維持の重要性について理解不足で、ストレス解消に対する実践が下手で不十分なために、弱いストレスでも各種の病気を招きやすく、結果的に病気になりやすくなってしまうのです。

ということは、心の持ち方、生き方への心構え(Attitudes)が長寿に大きく影響を与えると言えるでしょう。

5つの 100 歳長寿アドバイス

この 50 年間で、日本の百寿者は 約500 倍に増加しています。その百寿者の特徴について調べた研究によると、共通しているのは、大体次のような性質です。

・明るく親しみやすい

・仕事熱心

・几帳面

・外交的

楽天

ある研究者によると、人間の一生には成長、成熟、老化‐死亡の三つの過程があって、老化は喪失の時期と言われており、老化を早める因子として、次の 5 つが挙げられます。

1.仕事を失う(定年退職)

2.家族・近親者、友人を失う

3.社会とのつながりを失う

4.病気になりやすい

5.経済的余裕を失う

従って、老化を防ぐには、病気の予防や事故防止とともに、日頃の心身の活動が大事になるというのです。

すなわち、次の5つです。

1.生きがいを持つ

2.心身に合った生活リズム ~食事、睡眠、便通、昼間の活動

3.家族、世のため、人のために生きる

4.親しい友人を持つ

5.家に閉じこもらない

健康寿命 100 歳を超えよう

2015年に発行された「100 歳まで働く時代 がやってきた」(ぱるす出版)や「百年以上続い ている会社はどこが違うのか?」(致知出版社) の著者・田中真澄氏は、日本映画界の巨匠で 文化勲章受章者の映画監督・脚本家だった新藤兼人氏について、次のように語っています。

 「(新藤)氏は、100 歳の誕生日の 1 ヵ月後に 亡くなりましたが、最後まで現役を貫かれた方でした。90 歳の時、日本経済新聞紙上でこう語 っていました。

『最後まで仕事をして、まだ死ねないと未練たっぷりのうちに死ぬ人は、その瞬間まで生きたということです。

私は、仕事こそが人生だと思います。 この考え方はいくつになっても変わらない。人 は仕事をして生き、仕事をしながら死ぬのだと考えます。

私も、もし撮影中に倒れれば、他の人には迷惑かも知らないが、私の生涯は幸福だったと思うに違いありません』。

この新藤氏の 90 歳の時の言葉を、私も10 年後の自分の90 歳の誕生日に言えるようでありたいと考え、そういう自分になるためには、私自身が死ぬまで働く具体的な目標を抱き、日々真剣に仕事に生きる気概を持ち続ける必要があります。」

まさに、仕事を志事( しごと) にしていたのではないかと思います。

田中氏は、43歳で日本経済新聞社を退職後、「人生100 年」の到来を予測し、それに対応した新しい生き方を情熱的に説く日本初のモチ ベーショナルスピーカー(人々にやる氣を喚起する専門の講演家)として、85歳の現在も、100 歳に向かって働くことの大切さを啓蒙する講演活動を精力的に続けています。

健康づくりは、日々の継続が大事!

f:id:has1029th:20220301110704j:plain

また、福岡県後期高齢者医療広域連合では、高齢者が自立して健康に日常生活を過ごせるように、健康づくりに取り組んでいます。

その一環として、 健康長寿マイスターで 107 歳まで現役で「御長寿」であった曻地( しょうち) 三郎博士が提唱する十大『習慣健康法』を、家庭でも楽しく実践、自己採点で きるダイアリー(日記)形式の冊子を作成してい ます。

曻地氏は、1906 年(明治 39 年)北海道に生 まれ、旧制広島文理大学(現広島大学)卒業後、 九州大学医学部で精神医学を学んだ後、1954 年福岡市に社会福祉法人しいのみ学園を創立 し、障がい児教育に尽くしました。

日本国内はもちろん、世界中で講演活動を 行い、2005 年(99 歳)~2008 年(102 歳)の 4 年間及び2010年(104歳)~2012年(106歳) の 3 年間、通算 7 回の世界一周講演旅行を行 い、2012 年には、公共交通機関を利用して世界一周をした最高齢者として、ギネス世界記録に認定されました。

2013 年に107 歳で天寿を全うされましたが、「わが人生は楽しかりけり・・・ 悔いることなし」という辞世の句を幾度も噛み締 めながら、「108 歳になれば、パスポートが切れる。 今度は地球を飛び出して宇宙に行くよ。パスポ ートがいらないからね!」と笑顔で言い残したとのことです。

「健康づくり」は、毎日継続することが大切です。無理をせず、できることからコツコ ツと、楽しみながら継続することが健康長寿へつながります。

そのため、福岡県後期高齢者医療広域連合では、「健康長寿ダイアリ ー」を使って、日々の健康づくりにチャレンジすることを勧めています。

健康になることは手段であって、健康になって何を成すのか、何を志(こころざ)すかが大切なことを、医者も「生きがい」や「働きがい」を長寿の条件のトップに挙げて、提言しているのです。

 

 

 

漢方で、体の不調を改善しよう

自然治癒力を高める「漢方」とは?

「漢方」と聞くと、皆さんは何をイメージしますか?古来より薬草を煎じてこしらえた漢方薬とか、鍼、灸、指圧などを含めた伝統的な東洋医学をイメージされると思います。

今回は、いわゆる「漢方薬」とその効能などについて、紹介したいと思います。

漢方は、体の表面に表れている症状だけでなく、その奥にある原因まで探り、人に本来備わっている自然治癒力を高めることで、不調を改善します。

冷え症に対しても、漢方を利用して体質改善をすることで、体の中から温めることができるようになれば、抜本的な改善につながります。

そして、単に冷え症や貧血を改善するだけでなく、冷え症や貧血によって起こる様々な体の不調を改善する効果も期待できます。

f:id:has1029th:20220210092807j:plain

■冷え症・貧血に効く漢方薬とは?

漢方では、体質やその時々の状況を「気・血(けつ)・水(すい)」という「体を構成する要素」でとらえます。

貧血は、「血」が不足した「血虚(けっきょ)」と呼ぶ状態と考え、貧血に伴う動悸、息切れ、倦怠感、肩凝り、イライラなどの症状や体質などを考慮して、その人に合った薬が処方されます。

冷え症・貧血改善に効果がある主な薬を紹介します。

 ・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

体を温めて、血行を良くする働きがあります。

体力が標準より弱く、貧血、冷え症、低血圧、月経異常、下腹部痛、めまい、立ちくらみ、肩凝り、耳鳴り、動悸、更年期障害、頭重感、腰痛、足腰の冷え、むくみ、疲労倦怠がある場合に向いています。

六君子湯(りっくんしとう)

体力が標準より弱く、貧血ぎみで手足が冷えやすい、胃腸の働きが弱く食欲がない、消化不良、みぞおちがつかえる、嘔吐などがある、疲れやすいなどの場合に向いています。

十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)

体力が標準より弱く、貧血、疲労倦怠、食欲不振、手足の冷え、寝汗、病後・術後の体力低下などがある場合に向いています。

・人参養栄湯(にんじんえいようとう)

胃腸に直接働きかけて、体を元気にする漢方薬です。

体力が虚弱で手足が冷えやすい、貧血、疲労倦怠、食欲不振、胃腸の消化力の低下、寝汗、病後・術後の体力低下などがある場合に向いています。

・加味帰脾湯(かみきひとう)

血の巡りを良くすることで、冷え症を改善します。

体力が虚弱で、疲れやすい、顔の血色が悪い人の貧血、動悸、不眠、倦怠感、イライラする、感情の起伏が激しい、気持ちが不安定で精神不安などがある場合に向いています。

専門の漢方薬局や漢方医に相談しよう

漢方薬の効果を最大限に発揮するには、自分の体質や症状に合ったものを選ぶ必要があります。

自分の体質や症状に応じて、専門の漢方薬漢方医に相談しながら、冷え症や貧血のタイプや重症度に合わせて、自分に合った漢方を処方してもらいましょう。

 漢方薬で、冷え症・頭痛を改善する

私たちの体調不良の中には、症状のみで病名が付けられない病気の一歩手前の状態が存在します。

それを「未病」と呼び、西洋医学では対応しにくい事が多々ありますが、冷え症もこの未病の一つで、そんな未病にも効果的なのが漢方医学です。

漢方にとって、冷えの症状はとても重要な項目なので、冷え症対策として、漢方医学の力を借りることも大変有効です。

市販の漢方薬の中から、冷え症に良いとされるものを選んで、規定通りに服用したり、漢方薬を処方してもらえる病院を受診し、自分に合ったものを処方してもらうと良いでしょう。

 症状別で見る冷え症と漢方

 冷え症は、冷えだけではなく、頭痛・めまい・肩凝り・月経困難・便秘症などの様々な症状を伴います。

いずれの場合も、まず冷え症を改善するために、血行を改善して、血液を増やすことが大事になります。

今回は、冷え症に効果的な漢方薬を症状や体質別に分けて紹介します。

漢方から見た頭痛のメカニズム

頭痛は、何らかの原因によって、体の中の巡りが邪魔され、上部()への「」や「血(けつ)」の流れが乱れてしまった状態です。

その原因が「冷え症」である場合は、頭痛が生じるだけでなく、胃腸の働きも弱り、吐き気や嘔吐なども生じます。

「冷え」は「気」や「血(けつ)」の通路へ入ってきますが、冷えが入りやすい道筋が、足の内側や、体の側面、側頭部などにあるため、手足や指先の冷えが生じ、またこめかみなどが痛む頭痛が起こるのです。

■冷え症・頭痛や吐き気に効く漢方薬

漢方では、「」を補い、胃腸を温め、働きを高めることで、滞った「気」を巡らせ、頭痛を改善し、同時に吐き気、肩凝り、こわばりも治していきます。

そのための代表的な漢方薬を紹介します。

・呉茱萸湯(ごしゅゆとう)

一般的に、冷え症とともに偏頭痛や緊張型頭痛も併発している人に処方され、肩やうなじ周りの凝り解消にも使われている漢方薬です。

体の中心であるお腹を温め、「気」や「血(けつ)」の流れを乱していた「冷え」を取り除くことで、吐き気を伴うほど激しい頭痛を鎮めます。

胃腸の働きを整え、吐き気を鎮める働きもあるため、胃腸が弱い方の頭痛薬としても適しています。

そのため、嘔吐・悪心などの消化器症状がある場合でも服用しやすくなっています。

ズキズキする頭痛、頭痛からくる吐き気で悩む方におすすめの漢方薬です。

 ・当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)

四逆」の「」とは四肢、「」とは「逆冷」のことで、体の末端から冷えが上がっていくことを意味し、冬場の外出時の足先の冷えなどから始まり、次第に慢性的な手足の冷えに発展し、頭痛、吐き気、めまい、腰痛、坐骨神経痛なども引き起こします。

当帰」が血行を改善し、「茱萸」「生姜」が体を中から温めます。

 「呉茱萸」には胃腸を丈夫にする効果が、「生姜」には体の中の水の巡りを良くし、吐き気などを止める作用もあります。

冷え症改善の代表的な漢方薬で、慢性化してしまった冷えにも効果があります。

末端から冷えてくる末端冷え症の人に特におすすめで、ひどくなった冷え症でも効果を発揮してくれます。

■漢方から見た、肩凝りのメカニズム

漢方では、肩凝りを「気」と「血(けつ)」の巡りが滞っている状態と考えます。

ところが、この状態が何度も繰り返されると、「血(けつ)」の巡りも滞ってしまい、そうなると、動かすだけでは改善されなくなり、慢性的に痛むようになります。

また、巡りが悪くなると、徐々に「気」と「血(けつ)」が不足し、湿気や冷えが入りやすくなって肩を冷やします。

肩が冷えると、ますます「気」「血(けつ)」の巡りが滞り、痛むようになる、悪循環をもたらすようになってしまうのです。

■冷え症・肩凝りに効く漢方薬

西洋医学では、「血行不良」を改善させるためのビタミン類や、痛みを止める鎮痛薬などが使われます。

一方、漢方では、「気」と「血(けつ)」の巡りを良くすることで、凝りをほぐしていきます。

また、湿気を取り除いたり、冷えた部分を温めたりして肩凝りを改善します。

独活葛根湯(どっかつかっこんとう)

「独活葛根湯(どっかつかっこんとう)」は、「葛根湯」をベースに「独活(どくかつ)」と「地黄(じおう)」を加えた処方です。

熱を作る力を助けて体を温め、風邪や肩凝りを治していく「葛根湯」に、痛みを止める生薬や、「気」「血(けつ)」の不足を補う生薬をプラスしたことで、より肩凝りへの効果を強めた処方にしています。

慢性的な肩凝りに向いています。

 

 

いかがですか。

冷え症や貧血、低血圧も、改善するには、共通して基本的な生活習慣の改善がまず大切です。

もし、様々な冷え症対策をしても、なかなか改善されない場合は、一度、冷え症や貧血の専門医を受診して、徹底的に原因を究明されることをおすすめします。

単に冷え症や貧血だと思っていたのが、実はその背景に大変な病気が潜んでいたということもあり得るからです。